5 札幌の弁護士と会う

                       

 

                       前回の「店長story 4]

                        http://konbumura.jugem.jp/?eid=26

 

2012年、夏の朝

 

主人と二人で湯婆婆様を迎えに行きました。

 

天気も良く気持ちのいい朝なのに、

私たち二人はどんより群青色の海のよう。

 

「おはようございますぅ〜」とゆっくり引き戸を開けると、

玄関に湯婆婆様が待っておられました。

 

札幌の弁護士さんへのお土産らしい、

野菜や果物、お菓子等々を脇に抱えていました。

 

湯婆婆様とお土産を車に乗せ、いざ、札幌へ5時間の旅... 出発です。

 

ここ2日間くらい寝ていない私でしたが、

湯婆婆様の話(ほとんど世間話)に相槌を打ちながら

なんとか失礼をせずに札幌へ到着することが出来ました。

 

立派なビルの駐車場に車を止め、

豪華な事務所のエントランスに入っていきました。

 

キレイな受付嬢二人に迎えられ、

事務所の方々と軽く挨拶をかわし

湯婆婆様は違う階の特別室に案内され、

私たち夫婦はエントランスのソファで待つことになりました。

 

なんか場違いな二人で身を寄せ合っていると、

お声がかかり、いくつもある部屋の一つに案内されました。

 

座って待っているように言われました。

 

しばらくして私たちが入ってきたドアとは違う扉が開き、

スーツ姿の弁護士一団が颯爽と入ってきました。

 

昆布の里、尾札部町にいると、

夏は白のランニングとカッパ姿の老若男女しか見ないので

スーツを着ている人を見るだけで、ちょいビビります。

 

 

 

(・・・あれ、先頭の人、禿げてる!?)

私はまだ心の隅に余裕がありました。

少しだけ親近感が湧きました。

 

実名を挙げるのを避けたいので、ここからは

トップ弁護士さんを「臼山弁護士」と呼ぶことにします。

 

臼山弁護士の両サイドには

若手弁護士2名が座りました。

 

左側にはペンをくるくる回しながら斜め姿勢でこちらに挨拶をする

 

「俺ってかっこいい系弁護士」と

 

思っていそうなナルシスト弁護士の左大臣。

 

右側には、まるで

 

「THE 歩く憲法」 と言わんばかりの

 

超真面目そうな弁護士の右大臣。

 

ようするに、

両大臣、どちらも、「濃いっ」。

 

 

「親父はどうした?」と聞かれましたので、

体調が悪い為、私たち二人で来たと話しました。

 

臼山弁護士の話では半年以上前から話し合いをしているらしいが、

現状報告や社長としてどうしていきたいのか等々、

全く話が進んでいなかったようで、ちょっとお怒りでした。

 

昨日まで義父母と主人とお局様や社員の方と話した内容を話し、

現状報告をしました。

 

また、今後の展開として縮小する場合や民事再生を受ける際の

会社の状況などを話しました。

詳しい内容や話した順序は覚えていませんが、

今の状態、これからのストーリーを淡々と話していたと思います。

 

「なんでわかるんだ!? YOUは以前何をしていた?」と

突然、臼山弁護士に質問されました。

 

ネットで民事再生や国の支援制度等について調べましたし、

いろんな会社の継続が困難になった方や

復活された方のお話もネットで書いていたのを読み、

自分たちがたどるストーリーは何個かその時点で想定していました。

 

 

私たちに、もたもたしている時間はないんです。

 

 

修復不可能な傷をさらに広げるだけの事業を続けることは

その先を考えると恐ろしいです。

 

どれだけ、縮小したら経営が続けられ、膨らんだ負債を返していけるのか。

 

金融機関や民間の取引業者さんへの支払いを滞ることもできません。

 

商売をやっていく上で、昔からの取引先や

町内の取引先に迷惑をかけることは絶対避けなければなりませんし、

支払いを滞ったまま、継続又は倒産した場合どちらにしても

この小さな漁村では生きていけません。

 

夜逃げ同然の悲しい結末が頭をよぎります。

 

 

臼山弁護士と話し合い、切り離す工場、在庫商品、資金繰りを

再度検討し提出するように言われました。

 

その後、公認会計士と話を詰めようという事になりました。

 

決断をしていかなければなりません。

 

父は自分の肉がちぎれる思いだろう。

 

私はその痛みがわからない分、冷静でいられる。

 

湯婆婆様は私たちを紹介してくれた後、

待っている間は大きなお風呂も付いたホテルのようなお部屋で

しばらく寛ぎ、法律事務所の方々とお話をされ、

私たちの面談を待っていてくれました。

 

湯婆婆様、ありがとう。

 

 

帰り道、湯婆婆様を降ろした後、

主人と話し合い、父と母を支え

なんとかこの状況が少しでも良い方向へ向かうように

頑張ろうと二人で話し合い決心しました。

 

続きはまた。

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

トラックバック
この記事のトラックバックURL