5 札幌の弁護士と会う

                       

 

                       前回の「店長story 4]

                        http://konbumura.jugem.jp/?eid=26

 

2012年、夏の朝

 

主人と二人で湯婆婆様を迎えに行きました。

 

天気も良く気持ちのいい朝なのに、

私たち二人はどんより群青色の海のよう。

 

「おはようございますぅ〜」とゆっくり引き戸を開けると、

玄関に湯婆婆様が待っておられました。

 

札幌の弁護士さんへのお土産らしい、

野菜や果物、お菓子等々を脇に抱えていました。

 

湯婆婆様とお土産を車に乗せ、いざ、札幌へ5時間の旅... 出発です。

 

ここ2日間くらい寝ていない私でしたが、

湯婆婆様の話(ほとんど世間話)に相槌を打ちながら

なんとか失礼をせずに札幌へ到着することが出来ました。

 

立派なビルの駐車場に車を止め、

豪華な事務所のエントランスに入っていきました。

 

キレイな受付嬢二人に迎えられ、

事務所の方々と軽く挨拶をかわし

湯婆婆様は違う階の特別室に案内され、

私たち夫婦はエントランスのソファで待つことになりました。

 

なんか場違いな二人で身を寄せ合っていると、

お声がかかり、いくつもある部屋の一つに案内されました。

 

座って待っているように言われました。

 

しばらくして私たちが入ってきたドアとは違う扉が開き、

スーツ姿の弁護士一団が颯爽と入ってきました。

 

昆布の里、尾札部町にいると、

夏は白のランニングとカッパ姿の老若男女しか見ないので

スーツを着ている人を見るだけで、ちょいビビります。

 

 

 

(・・・あれ、先頭の人、禿げてる!?)

私はまだ心の隅に余裕がありました。

少しだけ親近感が湧きました。

 

実名を挙げるのを避けたいので、ここからは

トップ弁護士さんを「臼山弁護士」と呼ぶことにします。

 

臼山弁護士の両サイドには

若手弁護士2名が座りました。

 

左側にはペンをくるくる回しながら斜め姿勢でこちらに挨拶をする

 

「俺ってかっこいい系弁護士」と

 

思っていそうなナルシスト弁護士の左大臣。

 

右側には、まるで

 

「THE 歩く憲法」 と言わんばかりの

 

超真面目そうな弁護士の右大臣。

 

ようするに、

両大臣、どちらも、「濃いっ」。

 

 

「親父はどうした?」と聞かれましたので、

体調が悪い為、私たち二人で来たと話しました。

 

臼山弁護士の話では半年以上前から話し合いをしているらしいが、

現状報告や社長としてどうしていきたいのか等々、

全く話が進んでいなかったようで、ちょっとお怒りでした。

 

昨日まで義父母と主人とお局様や社員の方と話した内容を話し、

現状報告をしました。

 

また、今後の展開として縮小する場合や民事再生を受ける際の

会社の状況などを話しました。

詳しい内容や話した順序は覚えていませんが、

今の状態、これからのストーリーを淡々と話していたと思います。

 

「なんでわかるんだ!? YOUは以前何をしていた?」と

突然、臼山弁護士に質問されました。

 

ネットで民事再生や国の支援制度等について調べましたし、

いろんな会社の継続が困難になった方や

復活された方のお話もネットで書いていたのを読み、

自分たちがたどるストーリーは何個かその時点で想定していました。

 

 

私たちに、もたもたしている時間はないんです。

 

 

修復不可能な傷をさらに広げるだけの事業を続けることは

その先を考えると恐ろしいです。

 

どれだけ、縮小したら経営が続けられ、膨らんだ負債を返していけるのか。

 

金融機関や民間の取引業者さんへの支払いを滞ることもできません。

 

商売をやっていく上で、昔からの取引先や

町内の取引先に迷惑をかけることは絶対避けなければなりませんし、

支払いを滞ったまま、継続又は倒産した場合どちらにしても

この小さな漁村では生きていけません。

 

夜逃げ同然の悲しい結末が頭をよぎります。

 

 

臼山弁護士と話し合い、切り離す工場、在庫商品、資金繰りを

再度検討し提出するように言われました。

 

その後、公認会計士と話を詰めようという事になりました。

 

決断をしていかなければなりません。

 

父は自分の肉がちぎれる思いだろう。

 

私はその痛みがわからない分、冷静でいられる。

 

湯婆婆様は私たちを紹介してくれた後、

待っている間は大きなお風呂も付いたホテルのようなお部屋で

しばらく寛ぎ、法律事務所の方々とお話をされ、

私たちの面談を待っていてくれました。

 

湯婆婆様、ありがとう。

 

 

帰り道、湯婆婆様を降ろした後、

主人と話し合い、父と母を支え

なんとかこの状況が少しでも良い方向へ向かうように

頑張ろうと二人で話し合い決心しました。

 

続きはまた。

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

4 湯婆婆さまと会う

                                                                前回の「店長story 3]

                        http://konbumura.jugem.jp/?eid=23

 

 

 

2012年、夏の夜

何をどうすればよいのかわからなかった私は、

通称「神さま」、見た目、「和風湯婆婆さま」的な

おばあさんに1人会いに行くことになりました。

 

尾札部町から車で走ること1時間、

眠気に襲われながらもようやく湯婆婆さまの自宅前に着きました。

 

深呼吸してから恐る恐る引き戸を開けます。

 

「こんばんは〜」と声を上げると、

奥の方からドスっドスっと廊下を歩きながら

でっかい顔と体の湯婆婆さまが出迎えてくれました。

 

「入んなさい。」

 

(相変わらず、「圧」が強い)

 

奥の方にある神様の部屋に入り、

中央にある丸い鏡や掛け軸やその他もろもろに

一礼して手を合わせました。

 

礼をするとき、心の中で何をつぶやけばいいんだろう。

 

いつも思う疑問です。

 

隣の部屋に移り、畳の上に正座しながら、

会社が倒産の危機にあることを伝えました。

 

 

「ったく、ほんと、あいつだら!!!」

 

神様ですが田舎出身なので口が悪いです(*^^)v

 

父の愚痴と過去の話を話し始めました。

今までの南茅部の漁についてや青森の酒屋さんの話や

誰かの病気を治した話など、 など など どうでもいい話しを

 

いろいろ

 

いろいろ

 

いろいろ。

 

 

 

・・

・・・湯婆婆、話が長い。(-"-)

 

足のしびれが・・・限界です。 涙

 

そろそろ話を変えようと思い、

「そういえば、父が札幌の弁護士さんに相談していると

言っていました」

 

「・・・知っとる。わしが会わした。」

 

その弁護士は湯婆婆さまが出世させたらしいのです。

札幌ではかなりやり手で優秀な方のようです。

 

 

湯婆婆さまの話は非現実的というか抽象的というか、

念力でどうなるとかの問題でもないし。

会社を継続するにしろ、やめるにしろ、

具体的な相談を出来る人を当たらないと!

 

湯婆婆さまに、

その弁護士に今すぐ会って話をしたいと告げると、

すぐに電話をしてくれ運よく翌日アポが取れました。

 

「わしも行ぐがっ!!?」

 

「圧」に負け、一緒に行くことをお願いしました。

 

家に戻り、義父母と主人に内容を告げ、

子供たちの面倒をお願いして

明日主人と湯婆婆さまと私の三人で弁護士の所へ行くことになりました。

 

弁護士に会うなら、質問内容や今後の進め方などを聞けるように

頭に知識を入れておこうと思い、インターネットで

会社縮小、再建の可能性、民事再生法などについて

調べました。

 

漁次第の海任せ風任せの経営、無駄な設備投資、

過剰人員、不良在庫、銀行の言いなり、経営陣・・・いないも同然。

 

 

・・・ったく、何をやってきたんだよ 💢

 

 

ふと、12年くらい前(2004年)の若かった頃の

ある出来事を思い出しました。

 

東京でそれぞれ仕事をしていた私と主人が20代後半に

結婚を決めました。

義父が東京築地に仕事で来るという事で、

夜、銀座三越前で待ち合わせをしました。

 

主人と二人で待っていると、

父が「どうも、どうも(笑顔)」とパンパンに膨らんだリュックを背負い

ヤクルトスワローズの帽子着用で現れました。

 

超フレンドリーでイカした父と三人で中華を食べながら、

結婚の報告をしました。

 

心から喜んでもらい、本当に嬉しかったです。

 

将来北海道へ帰ったら、会社を手伝い自分も一戦力となり、

父や主人と一緒に頑張っていこうと心に誓いました。

 

上機嫌にお酒に酔った父がぽろっと洩らしました。

 

 

 

 

「会社の売上は数十億ある」

 

 

♡♡

♡♡♡

 

「よっしゃぁぁぁ、玉の輿〜!(^^)!♪♪♪」

 

と心の中で叫びました。

 

♪♪♪ 私も一緒に上機嫌 ♪♪♪

 

今から思えば経営内容とか利益なども聞いておけばよかった(^^;)

たぶん、それと同等の負債もあったことでしょう。

 

 

 

・・・・・・

いろんなことが頭の中でぐるぐる回り、

寝ていないはずなのに、

夜中布団に入っても眠れません。

 

 

「明日は湯婆婆さまと車で5時間かぁ。。。やだな」(-"-)

 

 

                  次回の「店長story 5]

                                http://konbumura.jugem.jp/?eid=27

 

JUGEMテーマ:ビジネス

3 長い一日のはじまり・・・

 

                                       前回の「店長story 2]

                        http://konbumura.jugem.jp/?eid=22

 

 

今から7年前の2012年、夏の終わりに

義父と主人から会社が倒産すると宣告されました。

 

 

「お父さん一緒に頑張りましょう♪」と良い嫁を演じ、

 

腹の底では

「ったく、何やってんだよっ!💢」と思っていました。

 

 

そして、なぜか「ママ、頼む!!」と

血迷った義父母からの熱いまなざしを受けた後、

 

とりあえず会社事務所へ行きました。

 

 

「おはようございます〜」(−−)

 

恐る恐るゆっくり引き戸を開けると、

「おはようございます〜」(−−)と、

 

お局様(50代独身女性)が低いテンションで迎え入れてくれました。

 

経理を長年やってきたお局様の顔と

背中から出ていた淀んだオーラ。

 

・・・朝から重かったです。

 

・・

・・・

 

 

店長はこの時より遡ること数か月。

「お局様と一緒に仕事をするのは、もう限界・・・やめます!」

と言い出した女性パートさんの後釜として

事務を手伝うことになりました。

 

その女性パートさんは、売店の方へ移り

主に発送と配達を兼務することになりました。

 

私は以前からHP「昆布村」を作り受注を細々とやっていました。

 

子どもを4人産んだのでそろそろ会社の手伝いを

本格的にしていこうと思ってもいたので、

予定よりちょっと早まりましたが頑張ろう!と決心しました。

 

どっちかと言うと、

 

怖い女工さん達やお局様には負けないぞ〜!!

 

という決心です。 (笑)

浜のかあさん達、マジ怖いんですよっ!

 

 

事務仕事では、納品書や請求書、送り状の作り方、

市場から仕入れた魚の集計、取引先別の書類整理等を

お局様から習いました。

 

・・

・・・

お局様、

こんな状態になるまで一生懸命働いてくれていたんだなぁ。

今まで会社の為に尽くしてきたのに。

たぶん、言いたいことはたくさんあったと思います。

 

なんか、切ないです。

 

朝の暗い挨拶の後

会社の資金や支払い・在庫状況、給料や固定費など

現状を簡単に教えてもらいました。

 

その後、普通に業務をこなし、

夕方には再度、父と話し合いをしました。

 

「・・・〇〇先生にも相談したほうがいいんでねぇべが。」

 

名前は伏せておきたいのでここでは先生のことを

千と千尋の神隠しに出てくる湯婆婆(ゆばーば)様と呼ぶことにします。

見た目は湯婆婆様の和風バージョンで顔と体がでかいおばあさんです。

 

また湯婆婆様と同じように、「圧」が強いです。

 

 

通称 「神さま」

と崇められています。

 

なんでも見えて、漁や商売の先を読めて、病気が治せて、
神様が身体に宿ったりしたり、etc....

 

すごい人なんですって。

 

私も月一くらいに挨拶やお届け物をしに行かされていました。

 

父母が湯婆婆様のご意見は正しいと心から思っているので、

嫁としてもそれに習うのが大事と思いつつ、

心の中ではひそかに

 

「怪しい・・・」

 

と思っていました。

 

でも、いろいろな経験をされてるし、

何か良い意見がもらえるかもしれないと考え

私一人湯婆婆様の元へ行くことにしました。

 

父や主人は怒られる(?)と思ってついてきませんでした(−−〆)

 

まだまだ、長い一日は終わりません。。。(ToT)/~~~

 

 

 

                     次回の「店長story 4]

                     http://konbumura.jugem.jp/?eid=26

 

JUGEMテーマ:ビジネス

2 何故だの嵐・・・

 

                                 前回の「店長story 1]

                                                       http://konbumura.jugem.jp/?eid=19

 

 

2012年夏の終わり。

 

主人から「もう、だめだ」宣言を受けた夜。

 

 

 


私からの質問攻めにあい、主人は弱々しくなっていきました。

 


それとは逆に

私はメラメラと燃え出す魂を抑えることが出来ず、

結局朝まで眠ることが出来ませんでした。

 

 

 

「あと数か月で資金はたぶん・・・、ショートする。」

 

 

何か打つ手はなかったのか?

 


ただ、お金と時間を垂れ流しにしてきたのか?

 

すでに大きくなっていた傷口は小手先の手当てでは

もうどうにもならないとあきらめているのか?

 


なんで経営陣がわからないんだ?

 

 

なんで「どうしていいか、もうわからない」と

逃げるのか。

 

 

 

 


会社って子どもみたいなものではないんでしょうか。

 


母親は子どもの声のトーンや表情のこわばりで

何かが子供の中で起きていると察するし、

おでこに手を当てれば体温計を使わなくても

微熱か高熱が出ていることはわかります。

 


うるさいし、わがままだし、言うことは聞かないし、

食べ物はこぼすし、気に食わないと泣きゃいいと思ってる子どもに

イラっときて、もう知らない!!と頭に来ても、

 


時間が経つと、また母親は子どもにご飯を作ります。

 

 

 

母親がみな持っている「無償の愛」です。

 

 

 

毎日毎日子どもの世話をしていると、

考えなくてもいろいろなことがわかってきます。

 

 

 

会社の内容をちゃんと見てきたのなら、

どうしていいかわからないとはならないのでは?

 

 

 

 


そこに「責任を取る」「会社を背負う」という姿勢が見えません。

 

 

 

 

 

 


次の朝、食卓テーブルを囲み、四女をおんぶしながら

義父に話を聞きました。

 


父も同様弱々しく近況を語り、母は今にも泣き崩れんばかりに

表情はつらそうで、じっと歯を食いしばっていました。

 


海が魚で賑わい景気が良かった頃から、相当額の融資を受け続け、

大きくなり過ぎた会社が最後に手にした「負債」を考えると、

どうすることもできなかった。

 


毎月支払う給料は母の貯金を崩して支払っていたこと。

 


4人目を産んだばかりの私(嫁)に心配をかけてはいけないと

どうしても打ち明けられなかったこと。

 

 

 

小⇒大 は「夢」があるが、

大⇒小 は「みじめ」しかないんだろうか。

 

 

 

男の「プライド」が邪魔をし「どうしていいかわからない」と

脳ですり替え、身動きが取れなくなった状態。

 


回りの環境のせいにして、「自分の弱さ」を武器にし、

「自分のプライド」を守る。

 

 

 

一度手に入れた地位や名誉は簡単には捨てられないんだろう。

 

 


・・

・・・

みんな心で泣いていました。

 

 

 

このままじゃいけない、

 


何十年もやってきたものをここで終わらせてはいけない。

 


「リ丁(屋号)」をなくしては、いけな〜い。」

(とご先祖様の声が聞こえたような・・・(笑))

 

 

 

あきらめてはだめだ。

 

 

 

・・


・・・

 

 

 

 


「お父さん、大丈夫です!!

何とかなります!!一緒に頑張りましょう!!」

 

 

 

 


・・・言ってしまったぁぁぁ。バカバカ、私。(−−〆)

 


湿ったれた空気が嫌で、つい明るく振る舞い、

良い嫁を演じてしまいました。

 

 

 

売掛金、買掛金も知らない、

貸借対照表も知らない、キャッシュフロー、なんだそれ。

 

 

 

知らないって、「武器=強さ」ですよねェ ( ̄▽ ̄)

 

 

 


「ママ、頼む。」

 

 


えぇぇぇぇぇぇっ!!?

そこで私に託そうとするお父さん。

 

 

やばいです!!

 

悩み過ぎて、おかしくなっちゃってませんか?

 

 

 

これから長〜い一日が始まります、トホホ。。。

 

 

 

 

 

       次回の「店長story 3]

                     http://konbumura.jugem.jp/?eid=23

 

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

1 私が「鬼」になった日

 

 

思い返せば、会社を作った5年前は私一人でした。

 

と、その前に会社を作るすべを何も知らなかった私は

他社の社員にさせてもらい昆布販売の営業をしていました。

 

そうなると、昆布を販売する仕事を始めたのは6年前になります。

 

なんでいきなりただの主婦が始めたの?って思いますよね。

一言でいえば「他にやる人がいなかったので、

成り行きで一人で始めることになった」です。

6年前、義理の父が経営していた水産加工会社が

苦渋の決断で閉鎖することになりました。

 

 

鮮魚や昆布原料の卸業の他、イカの塩辛、たらこ、

イクラしょうゆ漬け、松前漬け等数種類の水産加工品を

製造していて、地元でも大きな加工会社でした。

 

しかし、長引く不漁と燃料費の高騰が続き、

昔大漁が続いた時に建てたバカでかい冷凍庫や冷蔵庫、

中国からの派遣社員用社宅等の維持費や

仕事がほとんどなくても年間を通して雇わなければならない

女工さんや社員の給料ががかさばり、

父も主人も苦悩の日々を送っていました。

 

そんな状況とはつゆ知らず、

4人目を産んだばかりだった私は

「子育て、やっぱ、、、しんど〜い。

早く、おっきくなんないかな〜」と

毎日うるさい怪獣(こども)たちと戦っていました(-"-)

 

そして、4人目が8か月になる頃、

夜、主人に呼ばれ、

 

「もう、会社はダメだ」

と宣告されました。

 

 

 

そして、

 

 

 

「会社を(俺を)助けてくれ」   と言われました。

 

 

 

???

・・

・・・

イラっ・・・(−−〆)

イラっ・・・イラっ(−−〆)

ムカっ💢ムカっ💢ムカっ💢ムカっ💢ブチ!!

 

 

「なんで、私がだよっ!!!」

 

・・・店長のビッグバンが始まりました。

 

 

 

 

その頃の私には、主人を思いやるという優しさは

持ち合わせていませんでした( ̄▽ ̄)

 

 

 

「子育てで、こっちは、

  いっぱいいっぱいなんだよっ!!💢」

 

 

 

その夜から、2013年4月の前会社閉鎖に向けて、

自分史上最大の波乱万丈人生が始まったのでした。 

 

 

 

次回の「店長story 2]・・・http://konbumura.jugem.jp/?eid=22

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

 

1