14 店長story 2012冬

 

                                            前回の「店長story 13] 


                                             http://konbumura.jugem.jp/?eid=44

 

《縮小に向けて》

 

店長story 14

 

 

 

2012年 冬

とても寒い日の午前、

弁護士一行が道南の森駅に降り立ちました。

 

臼山弁護士、歩く憲法弁護士、公認会計士。

(以前のブログで登場しています。http://konbumura.jugem.jp/?eid=27

 

 

今日は取引先のメイン銀行へ行き、臼山弁護士が
会社の融資や返済について、他再生案などの交渉をします。

 

入り口に入ると、まずは皆さん、コートを脱ぎ左手に抱えました。

 

中に入る前にコートを脱ぐのが礼儀のようです。

へぇ、そうするもんなんだなぁと一人関心(^^)

南かやべでそんな光景は、見たことがありません(笑)

 

歩く憲法がテーブル一番手前に座り

その左隣に私が座りました。

当たり前ですが、スーツを着ています。

 

南かやべでスーツを着ている人がいないので、

目新しくてつい、ジロジロ(ーー;)

 

胸元には存在感のある弁護士バッチがしっかりと付いています。

(勉強ばっかりしてたんだろうなぁ。)

 

私に見られていることにはお構いなしに、

高級そうな革に包まれたノートとノートパソコンを

鞄から取り出しました。

 

・・・エリート弁護士 歩く憲法 の動きが気になります(笑)

 

次に四つ角がキレイに揃ったハンカチを取り出し、

外気温との差で曇りがちな眼鏡を丁寧に拭き始めました。

 

(歩く憲法、育ちがいいんだろうなぁ。)

 

 

・・・でも、、、絶対付き合わないタイプっ♡

 

 

臼山弁護士が真ん中に座りました。

 

(相変わらず、上の方が薄いなぁ。)

 

何が話されるのか、緊張感ある面談の前に
つい余計な事ばかり気にしてしまいます。

この場から逃げたい気持ちの表れでしょうか(-"-)

 

 

 

しばらく待っていると、メイン銀行のNo、2ギラ男が登場しました。

 

(この方も以前登場しています。http://konbumura.jugem.jp/?eid=30

 

 

 

今日は後ろに2名ほど子分を連れています。

 

しばらく大人の会話が続いております。

 

歩く憲法が議事録を無表情のまま早打ちでパソコンに入力しています。

(エリート感、半端な〜い)

 

お互い探り合いの会話をしながら、相手の出方を見ています。

私は聞いているだけでした。

 

これと言って決定的な話し合いが出来たかと言うと、
そんな感じではなく、形式的な内容で終わっていました。

 

お昼は皆でおそばを食べてから、会社事務所へ向かいました。

 

その間、父が湯婆婆さまを函館に迎えに行って

事務所での打ち合わせが始まりました。

 

湯婆婆さまがソファの一番良い席に着席されました。

 

弁護士は法律的な話しや切り離す工場や土地の譲渡について、

縮小に向けての段取りを話していました。

 

ただ、山にある工場や冷凍庫、土地を数億で売ったとしても
経営をしていけるわけでもありません。

 

融資で借りているお金を返すだけとなり、返済金は少し減るだけで
状況はほとんど変わりません。

売るものがない、お金もない、知恵もない。

知恵を絞ろうともしない。

 

会社役員は荒波の舞台に立とうとしない、ただの傍観者。

 

父も半分わかって、半分わかっていないような。

数字を根拠に今後の会社の動きを話されたわけではなく、
実のない話し合いだったような気がします。

 

経営についての先見之明がある人物がこの中に
いない限り、この問題の出口は一つしかない気がします。

 

 

「わしのいう事を聞いてれば、

こっだらことにならながったのに💢」

 

終止、湯婆婆さまの怒りとぼやきが

嘆き悲しむ、でかいお顔から、零れ落ちます。

 

「何が何でも会社をなくしてはならない!」

「若い夫婦で頑張れば何とかなる!」

 

とか、熱いお気持ちはわかりますが。。。

 

なんか、空理空論で2時間が過ぎた気がします。

 

でも、もう山側の工場、冷凍・冷蔵庫、研修員宿泊施設、事務所、食堂

全ての閉鎖は確定しました。

 

浜辺に残る小さな工場と冷凍庫、事務所に移り事業縮小へと

進みます。

 

次の山場は、長年働いてくれている女工さん達へ

なんて報告するか。

 

気が重いです。

 

 

 

---------------------------------------------------------------

(辛いことも多かったですが、自分の人生の舵取りをする為に

必要な経験をたくさんしたと思います。

この店長STORYは昔の暗い話ばかりが続きますが、

読んだ感想や応援メッセージを頂けると嬉しいです(^^) )

 

---------------------------------------------------------------

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

13 店長story 2012初冬

 

                                                  前回の「店長story 12] 


                                                  http://konbumura.jugem.jp/?eid=43

 

 

《一言があったら》

 

店長story 13

 

 

 

2012年 

 

重い空気が流れています。

 

一度、ブチ切れた私からは何も言うことはありません。

 

 

「ママが、いないとダメなんだぁ、、、戻ってきてやって」

 

「ママには、迷惑ばっかりかけてるけど、

みんなで何とか生きていこう」

 

 

(・・・お義母さん、ばっかりしゃべってるぅぅ(-"-))

 

 

・・・そこだよ!そこ!!

 

なんで親に言わせてんだよっ!

 

なんで、息子を甘やかしてんですか!!

 

 

「わだしも済まないと思ってます」

 

父、なぜか敬語 (*'ω'*)(笑)

 

 

そうじゃないんですよ。

なんか違うんですよ!

 

今一番、大事な<とこ>じゃないですか。

 

 

「俺を信じて、ついて来い!」

 

これっすよ、これ↑↑↑♡♡♡

 

 

この一言で、解決なんですよ。

 

この時、強く思ったことは、

<絶対子どもを過保護に育ててはいけない。

自立した人間で、問題は自分で解決できる大人に育てよう> です。

 

この先、一文無しになるんだろうか。

一生借金を返していくために、働き詰めになるんだろうか。

 

この時、二つの道が見えました。

 

〇離婚して、1人で4人を育てていくか。

〇主人と父母と一緒に、リ丁(屋号)を守っていくか。

 

目の前の辛い現実から逃げて、楽な方へ行ったつもりでも、

たぶんそれも大して幸せではないんでしょう。

 

迷ったら、辛い方の道を行けと何かで読んだこともありました。

 

でも正直、自分の事の前に、

子ども達から父親を奪ってはいけないという考えがあったので、

わざわざ迎えに来てもらわなくても、主人の元に戻るつもりでした。

 

ただの自己PRです。

 

私のわがままで息抜きがしたかっただけです。

 

周りの環境や人のせいで人生が振り回されていると

思いがちですが、本当は自分なんです。

 

 

どんな困難なことが起きても、

周りがどんな状況になっても、

自分の在り方を自分で決めて、それを選んでいけばいい。

全部自分の責任と思って、進めていけばいい。

 

絶対他人のせいにはしない。

 

その方が、実は気持ちが軽くなるし、

自分の人生、責任取って生きるぞ!とやる気も出てきます。

 

毎日ご飯が食べられて、幸い家族みんな元気です。

 

それだけで幸せだろっ!と

帰り道、運転しながら思いました。

 

 

 

IMG_8561.JPG


運動会にて 父と母と(^^) 《大切な家族》

 

 

 

                                                 次回の「店長story 14]

                             http://konbumura.jugem.jp/?eid=46

 

 

 

 

---------------------------------------------------------------

(辛いことも多かったですが、自分の人生の舵取りをする為に

必要な経験をたくさんしたと思います。

この店長STORYは昔の暗い話ばかりが続きますが、

読んだ感想や応援メッセージを頂けると嬉しいです(^^) )

 

---------------------------------------------------------------

 

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

12 店長story 2012初冬

             

                                      前回の「店長story 11」   

             http://konbumura.jugem.jp/?eid=40

 

 

《ホテルへGO》

 

店長story 12

 

 

 

2012年 雪の降り始めた日

 


家を飛び出したものの、さてどこに泊まろうか。

 

ネットで函館市内のホテルを検索・・・

 

すると、キャンセルが出て安くなっているホテルを発見!

 

「ラビスタベイ函館♡」

 

 

 

 

子どもが小さいと、なかなか外泊もできなかったので

 

この際思い切って泊まるのもいいかも。

 

 

すぐに予約して、そのまま車で直行しました。

 

 

上階の広々としたモダンな部屋に案内されました。

 

子ども達は大はしゃぎです♪

 

 

 

すぐに「お腹空いた!」と言うので、

 

1階のレストランが入っているフロアへ行きました。

 

 

ホテルなのでなかなか雰囲気のいいお店ばかり♪

 

 

「何食べたい?」と聞くと、

 

「ラーメン!」 「ピザ!」と騒ぐので、

 

すぐそばにあった中華のお店に入りました。

 

 

店内に入るなり、

 

「ママのとなりがいい!」と私の隣の争奪戦が始まりました(-"-)

 

 

「もおぉ、静かにして!じゃんけんだよっ!!!」

 

 

隣になった子はルンルン♪

 

負けた子は、こんつけてふくれています。

 

 

 

子どもと一緒なのでチャーハンやラーメン、エビマヨ、餃子などを

注文しました。

 

 

 

お料理を待っている間も

 

テーブルではジュースをこぼす、ふきんを落とす、箸を落とす 💢

 

 

「もぉぉぉ。ちゃんとして〜」

 

(イライラし始めてます。私。)

 

 

 

 

お料理が来てからも

 

落としたりしないかハラハラしながら目線は常に子供たちに。

 

そして、食べている最中に4歳の三女が来て、

 

1歳の四女を抱っこしている私に、

 

「「ママ、抱っこして!!」とごねだし始めました。

 

 

 

 

 

もぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ。

 

この状況見て、わからんのかぁっ!!!

 

(ご安心を。声には出してませんよっ。心の叫びです)

 

・・

・・・

 

 

えぇ、4歳の子どもにはそんなこと、わかりません。

 

子どもは自分中心の怪獣ですから・・・(ToT)/~~~

 

 

 

 

今日の学び1

【 この子らは、人間じゃないんだ。小怪獣なんだ。そうなんだ・・・きっと。 】

 

(思考停止になりそう、・・・いやなりたい。)

 

 

 

現実逃避をしようとしている私に、8歳の長女が

 

「ママァ、おしっこ!」。

 

・・・

・・・

・・・(;一_一)・・・オイ8歳、空気読めよっ。

 

 

 

「声、大きいよ、もうひとりで行けるでしょ!」と言っても、

 

「ママとがいい♡」と、にっこりです。

 

(8歳、今は可愛くないからっ(-"-))

 

 

 

さらに「わたしも!」「わたしも!」と次女、三女も

 

付いて行こうとします。

 

 

ほんとっ!!? そんなにタイミングって合う !?

 

 

絶対、トイレを見たいだけでしょっ!(-"-)

 

しぶしぶ、四女を抱っこしながら、ゾロゾロと歩き始めます。

 

 

トイレに行くっていうだけで、喜ぶ子供達。意味不明。

 

 

 

無銭飲食で逃げたと思われないように、

 

ウェイトレスの女性に

 

「すみません、お手洗いに行ってきます。」(引きつり笑顔で)

 

と伝えました。

 

 

 

本当に子どもとの外食は気を遣います(-"-)

 

美味しいけど、美味しいと

感動している「間」がありません(涙)

 

 

 

あぁ、なんか疲れました。

 

娘4人 対 私一人

 

 

 

今日の学び 2

【 味わおうと思うな。楽しもうと思うな。外食は卓上の戦場だ。 】

 

 

 

 

・・・もう、二度と外食はし・な・い。。。涙

 

 

子育てをしていると、喜怒哀楽の感情の振り幅が大きいです。

 

まあ、私の場合はかなり《 怒 》 の方ばかり振れていますが。

 

 

独身の時は、自分がこんな

 

感情的(ヒステリック)な人間だとは思わなかったですよ・・・(-"-)

 

 

夜は屋上の露天風呂にみんなで入りに行きました。

 

 

雪がちらつき、とても寒いなか、

 

1人用の五右衛門風呂にみんなで入って

 

「せまっこい♪ せまっこい♪」とはしゃいだり、

 

あっちのお風呂、こっちのお風呂と

 

それはとても楽しかったです♪

 

 

湯上りには棒アイスを無料で頂きました。

 

アイスを食べている時だけ、静かな子供達。

 

 

可愛いわぁ〜♪

 

「さっきは怒ってばっかりでごめんね。」

 

 

毎日、反省ばかりの子育てです。

 

 

 

「ママ〜、もう1っ本食べていい〜?」

 

「ダメ💢!!ひとり一本!」

 

 

子どもにしてみたら「なんで?」ですが、

 

絶対的なママルールで押し切ります!(笑)

 

 

 

今日は洗濯も茶碗洗いもしなくていいから、楽だわぁ。

 

たまにはいいよね、贅沢したってさ。

 

と自分を納得させながら、

 

寝る前には、子供たちと遊んで、

 

いろいろと複雑な気持ちの中、早めに寝ることにしました。

 

 

 

翌日は実家に顔を出しました。

 

「なしたのっ!?」と実の母に尋ねられましたが、

 

「ちょっとね。・・・けんかした。」それだけを告げました。

 

 

でも、実はその前に、主人から連絡が入っていたようです。

 

その日の午後、主人と義父母がやってきました。

 

 

 

三人、一緒か〜いっ!! 1人で来いよっ 💢

 

 

と心の中で思いながら

 

テーブルを挟み、正座で対峙しました。。。

 

 

                  次回の「店長story 13]

                               http://konbumura.jugem.jp/?eid=44

 

---------------------------------------------------------------

(辛いことも多かったですが、自分の人生の舵取りをする為に

必要な経験をたくさんしたと思います。

この店長STORYは昔の暗い話ばかりが続きますが、

読んだ感想や応援メッセージを頂けると嬉しいです(^^) )

 

---------------------------------------------------------------

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

11 店長story 2012秋(←まだここ(笑))

                        前回の「店長story 10」   

             http://konbumura.jugem.jp/?eid=39 

 

《中華定食 》

 

店長story 11

 

 

 

2012年 秋

 


父と主人と私の三人で、

札幌の臼山(仮名)弁護士に言われるまま、
現金を持って札幌へ行きました。

 

 

そう、父のリュックに入れて。

 

 

そのリュック、、、銀座三越前で父に結婚を報告した時もしょってたっけ。

 

 

 

今回もぱんぱんに膨らんでるなぁ・・・(なんか涙)

 

 

 

毎回、父は弁護士の所へ行く度に
道南名物<大沼だんご(あんことみたらしセット)>を買っていきます。

 

今回は10箱も!!

 

受付の子と〜、若い弁護士と〜と全員分みたいですっ(汗)

 

(私・・・心の声)

「むこうは仕事でやってんだし、しかもこっちは瀕死の状態なのにさっ!」


超お人好しの父、私たち家族はいつも飽きれています。

 

 

-----------------------------------

 

私が会社をやりだしてから現在まで
仕事上で父のことを知る人に多く会ってきましたが、
誰一人悪く言う人はいませんでした。

 

 

逆にみなさん、「ものすごく世話になった!元気にしてるかい?」
と、とても敬愛に満ちた言葉をかけてくれます。

 

父が長年培ってきた「信頼」と「人柄」から学ぶことも多く、

私も会社も、今もなお、父の存在に支えられています。

 

 

・・・ときたま、ぼろくそ言ってごめんなさい (#^^#)

 

父の名言

「会う人、みんなお友達♡」

 

世間では「本当に、良い人!」

家の中では「外面ばっかり良くてなっ!いいふりこきっ!」と

家族は呆れていますけどね(^^;)

 

------------------------------------

 

 

弁護士に預り金として現金を預けました。

 

万が一の時の為になるんでしょうか。

 

再建に向けての話し合いも行われましたが、
宙に浮いたような現実味のない内容だなと感じながら、
私は黙って社長である父と弁護士の話を聞いていました。

 

懇談が終わり、弁護士事務所近くにある中華のお店に入りました。

 

人気があるお店のようで、お昼時もあり
ずっと満席状態が続いていました。

 

 

 

ランチセットをそれぞれ頼み、あまり会話もないまま
それぞれが壁を見つめ、コップを見つめ、静かに料理を待ちました。

 

 

 

しばらくして、「お待たせいたしました♪」

元気な店員さんが湯気の立つ美味しそうな料理を持ってきてくれました。

 

 

「お!、美味しそう〜♪」

 

 

三人のスイッチ、、、切り替わりました (超笑)

 

 

「美味しいね、ママこっちも食べてみな♪」

「 ほんと、美味しい〜 元気でるぅ〜♡ 」

 

単純な私たちはお腹が満たされ、

身体の中にどしんとある黒闇の不安から少しだけ解放されたのを

今でもすごく覚えています。

 

 

・・・それだけ美味しかったんです(なんかまた、涙)

 

 

 

------------------------------------

父も思い出に残っているみたいで、

先日、札幌のみぞれ交じりの映像がテレビに流れたとき、

 

「三人で〇〇〇〇万も持って歩いだなぁ。
○○旅館もよがったなぁ。中華もうまがったしなぁ。

ママ、思い出すねぇ〜。今となればいい思い出だねェ。」

 

 

・・・い い 思 い 出 !?・・・

 

・・・💢 💢 💢 ・・・ちょい切れ・・・

  

 

「あんな思い、

   二度としたくないですよっ!


 クっソみたいな思い出っ!」

 

 

・・・し〜〜〜ん。。。

 

義母の顔、凍り付く ///// ( ̄▽ ̄) ヤバ

 

あら、夕食の場の空気がいっきに-20℃に急降下〜〜〜↓↓↓

 

 

 

ついつい、本音が(笑)

 

なんか、他人事のような、旅行話のような事を話す父に頭にきちゃって。

 

 

-------------------------------

話をまた2012年に戻します。

 

秋の終わり頃、

あちこちの取引先に行き、頭を下げて歩きました。

 

とても嫌な仕事です。

 

父はまた体調不良になり(ほんとかよっ!)行かないので、

私と主人で歩きました。

 

常にしぶしぶ動く主人に、

病人面する父に、

弱い人ぶる母に、

・・

・・・💢 💢 💢 💢 💢

 

 

・・・とうとう私、ブチ切れました。

 

 

主人に一言、

 

「ふざけんなっ!もう、付き合ってらんないわっ!!

 おまえ一人で生きてけっ!!

 私は子供たちと生きてくっ!!

 今すぐ出ていくから、あとは好きにしろぉっ!!!」

 

(私って、本気で怒ると男になるんですよ、テヘ(^^;))

 

10分で荷物をまとめ、子供たちを車に乗せ、家を飛び出しました。

 

 

わたくし店長、初めての家出です。。。

 

 

 

                  次回の「店長story 12]

                               http://konbumura.jugem.jp/?eid=43

 

---------------------------------------------------------------

(辛いことも多かったですが、自分の人生の舵取りをする為に

必要な経験をたくさんしたと思います。

この店長STORYは昔の暗い話ばかりが続きますが、

読んだ感想や応援メッセージを頂けると嬉しいです(^^) )

 

---------------------------------------------------------------

 

JUGEMテーマ:ビジネス

10 店長story 2012秋

                                      前回の「店長story 9]    

             http://konbumura.jugem.jp/?eid=36   

 

《四女一歳になる》

 

店長story 10

 

 

 

2012年 秋

 


精神的疲労で血圧がものすごい数値まで上がった父。

 

しばらくは自宅養生を続けていましたが、

一向に回復する気配もなかったため入院することになりました。

 

そんな中、四女が1歳を迎えました。

 

今まで上3人の子ども達の1歳の誕生日には

一生餅を背負わせてお祝いをしていました。

 

お腹と背中に約1圓困弔里餅を専用の袋に入れて

歩かせますが、大抵の子どもはバランスを取れず

その場ですとんとおしりをついてしまいます。

 

上の三人の子も歩けても1,2歩でした。

 

しかし、四女は違いました。

 

まるで、2圓里餅なんて背負ってないように

すたすたと歩いたんです!

 

やせ型でひょろひょろなので無理と思っていたので、

なおさら驚きでした。

 

病室でそんな孫の姿を見て、父は喜びました。

 

父が入院している間に、

親族である専務が会社を辞めました。

 

逃げたと言う表現が正しいです。

 

誰一人、「○○しよう!!」と先頭切って、

会社の舵取りをする人がいません。

 

 

みんな、責任とらずに逃げるんだなぁ。

 

 

辛い局面を直視出来ない。

自分たちで作ってしまった現状なのに。

 

 

またある日、

札幌の弁護士から預り金として〇〇〇〇円を

持ってくるように言われました。

 

すごい大金です。

 

送金は出来ないので、自分たちで運ぶことになりました。

 

体調が回復した父と主人の三人で、

電車に乗って札幌へ向かいました。

 

アホな私たちは、その時なんでそんな大金を

預けなくてはならないのかわかりませんでした。

 

まあ、弁護士の言いなりです。

 

雪の降り始めた札幌の夜道を三人で歩きました。

 

なんか、ふわふわと、地に足のついていないような、

この先どうなっていくのかわからない自分の境遇を

その時、初めて怖いと思いました。

 

自分は逃げない

会社から、南かやべから逃げない。

 

そうやって、気持ちを奮い立たせたり。

 

でも、どうすればいいんだろうと、

不安と恐怖で頭の中が一杯でした。

 

                    次回の「店長story 11]

                               http://konbumura.jugem.jp/?eid=40

 

---------------------------------------------------------------

(辛いことも多かったですが、自分の人生の舵取りをする為に

必要な経験をたくさんしたと思います。

この店長STORYは昔の暗い話ばかりが続きますが、

読んだ感想や応援メッセージを頂けると嬉しいです(^^) )

 

---------------------------------------------------------------

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス